読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sony Xperia Z6についての噂をまとめた

 前日、Sonyは今年のMWC(モバイルワールドコングレス)の招待状を公開しました。2月22日にて、プレスコンファレンスを開く予定が分かりました。しかし、招待状の情報からは、Xperia Z6についてまったく触られていません。なので、SonyはMWCでZ6を発表する可能性が低いと判断します。が、断言はできません。新機種のスマホの可能性はまだあり、今はSonyによるサプライズを期待しましょう。

f:id:wfs199205:20160123171843j:plain

 現在に至って、Z6に関する情報はあまりなく、インターネット上ではほとんど記者や業者の臆測しか見つかりません。以下は自分がそれなりに信憑性のあると判断した噂をまとめた内容です。興味があったら、ぜひ読んでください。

 

一、Z6の背面がメタル製

 ご存知の通り、メタル製のスマホはますます主流となり、大人気です。ソニーもその波に乗り、Xperiaシリーズ従来のガラスボディから、メタルボディへと変更するつもりです。これは正しく「Z5まで続いた同じデザインでうんざり」というお客様からのクレームを聞き入れ、下した決断だと私は思います。噂に過ぎませんが、良い試しだといえます。

f:id:wfs199205:20160123171859j:plain

二、2Kスクリーン搭載

 Z6は、Z5の1080Pスクリーンから2Kスクリーンへと進化するそうです。1080Pスクリーンがスマホの標準スペックとなった今時では、サムスン、LGなどのスマホ大手会社は既に2Kスクリーンをフラッグシップ機の標準スペックにしました。ソニーもZ5 Premiumに4Kスクリーンを搭載されましたが、どうやらスマホに4Kはまだ早いようで、市場はあまり応えてくれませんでした。なので、Z6は2Kスクリーンにするそうで、4Kスクリーン搭載のプレミアムバージョンもないようです。

f:id:wfs199205:20160123171915j:plain

三、UIなどのOS改善

 一番良いスマホOSと言われるiOSはともかく、ソニーのOSは競争相手のサムスン、HTCなどよりも、ずっと評判が悪いです。なので、いつも最高なハードウェアを使っていますが、実際使用した体験がぜんぜん最高ではありません。今ソニーのUIの良いところを言えば、グーグルアンドロイドOSと似ているだけしか挙げられません。グーグルのNexusを使ったことのあった人なら分かると思います、iOSにも負けないほどスームズです。ソニーも自分のOSは改善する必要があると自覚され、革命的な変化を期待してもいいと思います。

 

四、バッテリー性能向上

 Z5がよく残念に思われることの一つとして、バッテリー持ちの悪さが挙げられます。Xperia史上最悪のバッテリー持ちだと言っても過言ではありません。特にZ5 Premiumは4Kスクリーンを搭載しながら、バッテリーはZ5とほぼ同じで、実際使ってみると一日持たせるかどうかすら疑問になります。Z6は2Kスクリーンにする予定なので、バッテリー持ちについては、ソニーがZ5と同じ過ちを犯すとは思えないので、今度のバッテリーは容量も技術もさらに向上するはずだと、業界が予測しています。

 

五、ワイヤレス充電とUSB Type-Cを採用

 この二種の技術は既にスマホ業界の他の大手会社により採用されたので、ソニーは業界の流れに遅れないためにも、Z6でこれらの技術を試すはずです。ワイヤレス充電の実用性はともかく、USB Type-Cは既に好評を受けました。ケーブルの挿す方向に気にしなくてもいいし、クイックチャージなみに早いから、ユーザーからの評判は大変良いです。しかし、ソニーはまだUSB Type-Cボードと防水機能、スマホの薄さなどの両立ができないため、Z5に搭載することを見送りました。今回のZ6なら、搭載可能かもしれないと、ユーザーは期待しています。

 

六、他のスペック

 Z6のCPUについて、ほとんど決まったように、情報は一切同じで、搭載するのはSnapdragon820チップセットだそうです。Snapdragon820の画面処理プロセッサーは2500万画素までなので、搭載するカメラの画素も最大それまでです。OSはAndroid6.0 Marshmallowを搭載し、メモリーは4GBに上がりました。それと、ストレージは32GBで、変化はありません。クイックチャージ 3.0を搭載し、30分で80%の充電が可能です。

f:id:wfs199205:20160123171931j:plain

 以上が現在集められるSony Xperia Z6についての情報から、自分が可能性の高いと思ったものです。何か他の意見があれば、ぜひコメントしてください。